• MAIL

トップページ > 学会について > 会長ご挨拶/本学会の組織

学会について 学会について

会長ご挨拶

私たち日本人の心と体を守る“食の医学”を推進しています。

本学会は、健康に生きるうえで重要な課題である「食養」の研究と普及を目的に、1994年に発足しました。本学会の会員の中から、現在では、食養に関する多方面の研究を重ねた優秀な先生方が社会で活躍しています。

中国では2000年以上も前に「薬食同源」「食療」「食養」という言葉が使われ、中医営養学は病気を予防し、回復を促進する"医療"の重要な役割を担ってきました。周の時代には「食医」「食官」と呼ばれる役職が登場し、医療の最高地位を得ています。以来、多くの中医営養学・中医薬膳学の研究が重ねられ、現代の食養・薬膳の礎になりました。

この数千年にわたり研鑽され、積み重ねられてきた食養・薬膳の知恵に、我が国の風土や体質、食材、さらに現代の生活環境のもつ特色を加味し、いまの日本に生きる人々に適した食養生を提案していく事が本学会の使命です。

正しい薬膳の知恵のもとに、誰でも実践でき、一人ひとりの日々の予防医学の中心となる「食養生」の実現を、是非ご一緒に推進してまいりましょう。皆様の御入会を心からお待ちしております。

日本中医食養学会会長 植松建之

本学会の組織

役員一覧

会長

植松 捷之
(日本中医学院理事長)

理事長

鳳 寛子
(国際中医師・国際中医薬膳師・日本中医学院薬膳専科講師)

理事

成瀬 早苗
(国際中医薬膳師)

理事

神長 夕子
(国際中医薬膳師)

理事

上野 真弓
(国際中医師・国際中医薬膳師)

理事

上田 裕子
(国際中医薬膳師)

理事

小池 美枝
(国際中医薬膳師)

理事

阿久津 美也子
(国際中医薬膳師)

理事

水谷 順子
(国際中医薬膳師)

理事

関根 麻衣
(国際中医薬膳師)

理事

竹尾 由美子
(国際中医師・国際中医薬膳師)

理事OB

田村 忍
(国際中医薬膳師)

理事OB

田中 康子
(国際中医薬膳師)

理事OB

村岡 奈弥
(国際中医師・国際中医薬膳師)

監事

今井 太郎
(国際中医師・管理薬剤師・日本中医学院提携後楽堂薬局代表)

お問い合わせ会員登録はこちら

中医薬膳を学ぶ方のご入会を心よりお待ちしております。

中医薬膳を学ぶ方のご入会を心よりお待ちしております。

薬膳のプロとしてスタートできる本格講座です。薬膳初級講座