• MAIL

トップページ > 学会について > 活動方針

学会について 学会について

活動方針

薬膳のプロ集団としての誇り

日本中医食養学会は、北京中医薬大学日本分校食養養生学科の卒業生が中心となり、1994年に中医薬膳学の普及と研究のために発足した学会であり、日本での薬膳の研究組織としては、最も長い歴史を誇っております。

現代社会において、中医学理論を基に、多くの方々の食養生・食治療に役立つよう、しっかりとした教育カリキュラムで、頼れる食医の輩出に努め、広く社会に貢献する団体でありたいと願っております。

本学会は、これからの食文化を担う『国際中医薬膳師』の皆様の“食医の殿堂”として、以下の活動方針で進めてまいります。

  • 中医学理論に基づく薬膳・食養の研究、開発、及び、普及活動の実践。
  • 食医としての『中医薬膳師』の教育育成と輩出
  • 『中医薬膳』に関連する各種資格認定と認定証書の発行。
  • 中医薬膳の普及活動のための教育登録機関制度の構築と展開。
  • 中医営養学及び、薬膳学に関する文献・資料等の発掘と出版。
  • 国内外の医療、福祉機関、食の各種研究機関との交流による研究発表・情報交換の実施
お問い合わせ会員登録はこちら

中医薬膳を学ぶ方のご入会を心よりお待ちしております。

中医薬膳を学ぶ方のご入会を心よりお待ちしております。

賛助会員 企業・団体

賛助会員 企業・団体

  • バナー
  • バナー