• MAIL

トップページ > 薬膳・中医学について > 薬膳を学ぶということ

薬膳・中医学について 薬膳・中医学について

薬膳を学ぶということ

薬膳って?

薬膳料理とは、中国伝統医学(中医学)の基本理論にのっとって施膳する、食事療法を兼ね備えた料理方法のことです。 薬膳を学ぶということは、中医学理論を学ぶに等しく、この理論なくして薬膳はありえません。
つまり、薬膳を学ぶということは、中医学を学ぶということであり、中医学を学ぶということは、中国哲学の基本理論を学ぶということなのです。

そして、薬膳とは、中医学理論による食の組み立てとその調理法(これを施膳という)を指すものなので、薬膳=中国料理というのではなく、薬膳は、日本料理でもイタリア料理でも、すべての料理に展開できる食事療法なのです。

薬膳って?

薬膳は健康的。・・・でも美味しいの?
薬膳は時に治療効果を高める目的で生薬を使うため、『薬くさい?』『まずそう』なんて声を耳にいたします。 我々薬膳師は、胸を張っていつもこう答えます。 『薬膳は、目的を持って美味しく調理した料理です。』薬くさいのなら、薬として煎じ薬で飲めばよいのであって、わざわざ調理する必要はありません。不味ければ毎日食べていけるものではありません。

健康食ということは、野菜中心?
精進料理みたいなもの?

薬膳は、肉も魚も油も使い、味付けもしっかりいたします。健康とは、心身ともに健やかで元気に活動できる状態を言います。薬膳は、気力、体力を増強するスタミナ食という一面も兼ね備えております。

中医学を知ってよかった

中医学
  • 寝込むほどではないけど、なんとなく体がだるい・・・
  • このところ、なぜかイライラしやすい・・・
  • 寝てもすぐ目が覚める。よく眠れない・・・
  • 生理が遅れがち、または月に2度もくる・・・

などなど、病気というほどではないけど、あるいは、健康診断では異常なしといわれたけれど調子が悪い、といった不調症状に対し、対応の幅が多いのが中医学です。 また、『ストレスですね』で片づけられる精神状態に対し、『気』のアプローチの多さは現代医学の比ではありません。 そして、これらの症状に対し、化学薬品に頼ることなく、毎日の食事で改善していけるのが、薬膳のおもしろさ、すばらしさです。

お問い合わせ会員登録はこちら

中医薬膳を学ぶ方のご入会を心よりお待ちしております。

中医薬膳を学ぶ方のご入会を心よりお待ちしております。

賛助会員 企業・団体

賛助会員 企業・団体

  • バナー
  • バナー