• MAIL

トップページ > 薬膳・中医学について > 薬膳師=食医ということ

薬膳・中医学について 薬膳・中医学について

薬膳師=食医ということ

最も位の高かった食医

“医食同源”という言葉は、紀元前2000年以上も前の古代中国文化から発祥した概念であり、春秋戦国時代にはすでに中医基礎理論とならび食物の五味と五臓の相関関係や食の禁忌などを記述した書物もあり、薬膳の理論化体系は確立されていました。
紀元前1000年頃の周王朝の時代には、官職として『食医』という位が設けられ、日々膳食をとおして帝王の健康を管理調整する者として、医療職の中では最も高い位とされていました。

中国で最も古い薬学書とされる『神農本草経』には、食物または生薬を上品(じょうぼん)、中品(ちゅうぼん)、下品(げぼん)に分類し、その効能、用い方を記しました。それには、

  • 上品とは、いつ、なんどき、毎日でも食してよいもの。
  • 中品とは、具合の悪いときに食するもの。
  • 下品とは、どうしようもなく病気になったときに食するもの。

とされました。

華佗・李杲

また、医者を工と呼び、医者にも上工(じょうこう)、中工(ちゅうこう)、下工(げこう)という分け方をし、

  • 上工は、病気にかかりそうなことを事前に察し、未病のうちに健康の調整をする。
  • 中工は、病気になってから、治療を施す。
  • 下工は、併発していた病気や根本の病の原因に気づかず、重病になってから手を施す。

といわれました。

つまり、上品(じょうぼん)を扱う上工(じょうこう)が最もすぐれた医者であるということから、日常の食事で健康を調整し、未病にあたる『食医』が、最も位が高く敬意が注がれました。
『国際中医薬膳師』であること、それは、食の医者(食医)であることに今も変わりはありません。

お問い合わせ会員登録はこちら

中医薬膳を学ぶ方のご入会を心よりお待ちしております。

中医薬膳を学ぶ方のご入会を心よりお待ちしております。

賛助会員 企業・団体

賛助会員 企業・団体

  • バナー
  • バナー