日本中医食養学会 薬膳初級講座 Yakuzen beginner course 薬膳のプロとしてスタートできる本格講座日本中医食養学会 薬膳初級講座 Yakuzen beginner course 薬膳のプロとしてスタートできる本格講座

薬膳初級講座3つのメリット Three benefits of the course

Merit 01

正統な中医学理論にのっとった本物の薬膳を学ぶことができる正統な中医学理論にのっとった本物の薬膳を学ぶことができる

日本中医食養学会は薬膳業界の老舗として20年余りの歴史があります。
古代書物からの食材の紐解き、そして、現代に活かす食材の研究、料理法を日本で最も長く研究している団体です。
薬膳は、しっかりした中医学理論が必要不可欠です。しかし、あいまいな表現が多く、西洋医学が主流の現代の日本人にとっては、理解しづらい点があり、中には間違った解釈で教育している団体や教師が多いのが現状です。こうした中で当学会の講座は、正統な中医学理論にのっとった
本物の薬膳を学ぶ数少ない講座なのです。

Merit 02

薬膳アドバイザーの資格が取得でき、中医薬膳指導員○の受験資格も取得できる。薬膳アドバイザーの資格が取得でき、中医薬膳指導員○の受験資格も取得できる。

薬膳初級講座は日本中医食養学会が認定する「薬膳アドバイザー」の資格が取得できます。(認定料別途)
講座は「日本中医食養学会」及び「日本中医学院」の講師により行われます。
受講後「中医薬膳指導員®」「中医薬膳調理師」の受験資格が得られ、合格すると薬膳のプロとして認められる資格となります。

Merit 03

今の資格やキャリアに薬膳資格をプラスすることで、強いアピールポイントとなり活躍の場を広げることが可能になる。今の資格やキャリアに薬膳資格をプラスすることで、強いアピールポイントとなり活躍の場を広げることが可能になる。

薬膳の資格は栄養士、薬剤師、鍼灸師、飲食店経営者、料理教室講師、スポーツトレーナーなど食や体に関する職種に特に有効です。同業者の中で差別化をはかり、お客様へより有益な情報を提供することができます。
また、薬膳を学ぶスクールを開校する事ができ、学会から講師を派遣する事もできます。専門学校、カルチャースクールでの開講も可能になります。

資格取得の流れ Flow of qualification acquisition

資格取得 薬膳初級講座受講 薬膳アドバイザー 40時間以上履修・要認定料 薬膳初級講座終了(修了証書)(60時間以上履修) 中医薬膳指導員・中医薬膳調理師 受講セミナー 中医薬膳指導員(調理師)認定試験受験 (試験は東京で行います) 合 格 中医薬膳指導員 中医薬膳調理師 この資格により国際中医薬膳師 国際薬膳調理師の受講資格になります

薬膳のプロとしてスタート

講座詳細 Course details

1オリエンテーション・中医学概論 今後の勉強法、性味表について
2唯物論 陰陽五行 整体観念 天人合一 ① 中医学哲学の基本
3唯物論 陰陽五行 整体観念 天人合一 ②
4蔵象学説 ① 中医学的に見た人体の仕組み
5蔵象学説 ②
6気血津液
7病因 診断学 健康とは?病気とは? 養生法
8病機 体質別弁証
9八綱弁証 人体の状態の鑑別法
10臓腑弁証 ①
11臓腑弁証 ②
12気血津液弁証
13弁証施膳法(弁証論治)
14中薬学 中薬学・方剤学基本知識
15方剤学
16薬膳に使える生薬
17営養学 営養学・薬膳学基本知識
18薬膳学
19季節の薬膳施膳法
20実習 春 調理実習
21実習 夏 長夏
22実習 秋
23実習 冬
24基礎理論まとめ 中医学基本思想~人体構造、病機まで
25弁証法 弁証トレーニング
26講義総まとめ 基礎理論~弁証法まで

※予告なく変更になることがあります
※要項は毎年2月発表です

仕事に活かせる薬膳の仕事

栄養士、薬剤師、鍼灸師、飲食店経営者、料理教室講師、スポーツトレーナーなど食や体に関する職種に特に有効です。今の資格やキャリアに薬膳資格をプラスすることで、強いアピールポイントとなりメディアなどでも活躍の場を広げることができます。

For example...For example...

  • 野菜ソムリエにプラスして
    野菜料理のスペシャリストに
  • 栄養士の資格にプラスして
    食による
    体質改善コンサルタントに
  • 飲食店のキャリアにプラスして、薬膳
    料理を特徴とし女性ターゲットのお店へ
  • エステシャンの資格にプラスして、薬膳
    の知識を使ったダイエット食品の開発
  • 鍼灸師・整体師の資格にプラスして
    体質改善アドバイスサービスを
  • 食品製造開発のキャリアに
    プラスして新商品開発を

新たなサービス・製品の開発に薬膳の資格が役立ち、
顧客数の拡大、事業の発展を実現することができます。

「食医」としての薬膳の専門家に Qualifications that can be used for work

中医学の知識と知恵は、中国で長きに渡って研究・検証されてきた非常に合理的なものです。
その中医学に基づいて弁証され、施膳される薬膳は、一般的に言われる健康法とは異なり、人間の体
を根本から理解し、根底から健康へと近づくための科学です。
その学びを生かすために、以下のような資格があります。

  • 中医薬膳指導員®
    薬膳を施膳するための中医学基礎知識を全て網羅し、それを元に実際に薬膳のレシピを作り、指導することができます。
  • 中医薬膳調理師
    中医薬膳資格試験を受験する際に、既に調理師としての資格を持っている方が取得可能です。指導と調理、双方のプロです。
  • 国際中医薬膳師
    中医薬膳指導員としての基礎知識に、更なる専門知識を学ぶことで、より詳細かつ高度な弁証施膳ができるようになります。
  • 国際薬膳調理師
    中医薬膳調理師の知識・技能に加え、更に専門的な知識を得ることで、一層専門性の高い弁証内容で調理が可能になります。

講師は資格試験のプロフェッショナル The instructor is a qualification exam professional

薬膳初級講座の講師は、薬膳の専門家であるだけでなく、資格試験の専門家でもあります。
教え方、学ぶコツ、試験の対策まで、
あなたを合格までしっかりサポート。

合格率90%以上

更に、資格を取るだけで終わるのではなく、プロとして活躍できるようなサポート体制もあります。
その一つとしてご紹介するなら、登録機関制度です。
日本全国で、あなたも日本中医食養学会と同様の教育機関として活動することが可能になります。

全国の直轄の登録機関で受講が可能 Accepted at registration institution全国の直轄の登録機関で受講が可能 Accepted at registration institution

日本中医食養学会(当学会)の歴史は日本の薬膳の歴史。古代の書物からの食材の紐解き、
そして、現代に生かす食材の研究、料理法を日本で最も長く研究してきている団体です。
設立は1994年、20年以上に渡って薬膳の普及につとめ、2018年現在で全国20校の
登録機関が加盟。薬膳では日本有数の団体となりました。

日本中医食養学会 登録機関 登録機関 登録機関 登録機関日本中医食養学会 登録機関 登録機関 登録機関 登録機関

全国の直轄の登録機関で受講が可能

日本中医食養学会http://syokuyou.jp/support/

登録機関

  • 中村きよみ薬膳教室(東京都中野区)
  • 一般社団法人 紡ぐしあわせ薬膳協会(名古屋市中区・大阪)
  • 薬膳龍花(沖縄県那覇市)
  • 中医薬膳 杏庵(栃木県下野市)
  • 薬膳教室「胡桃の庭」(横浜市青葉区)
  • Eating Laboratory(高知県高知市)
  • 琉球薬膳 華穂(りゅうきゅうやくぜん かほ)(沖縄県石垣市)
  • ふじの国薬膳(静岡県富士市)
  • ウエマツ薬局(埼玉県川越市)
  • 祇園あべや(京都府京都市)
  • 鍼灸・指圧 東青梅治療院(東京都青梅市)
  • フェリサータ中医薬膳仙台学院(宮城県仙台市)
  • 薬膳研究会 くこの実(読売カルチャー八王子)
  • 薬膳 輪(宮崎県小林市)
  • 鍼灸マッサージ院「おはりな」(広島県福山市)
  • 嬉美(きび)の食卓(長野県長野市)
  • 薬膳教室ボンサンテ(広島県広島市)
  • 中医薬膳 「一茎菜」(いっきょうさい)(東京都 国立市)
  • 薬膳salon Pommier(広島県広島市)
通信教育のみ
  • 株式会社日本フローラルアート(東京都杉並区)

お問合せ・資料請求フォーム Application form ・ Request formお問合せ・資料請求フォーム Application form ・ Request form

お名前必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
メールアドレス(確認)必須
ご住所必須
性別
年齢
職業
携帯番号
ご質問
個人情報保護方針について必須
  • 下記の個人情報保護方針に同意しますか? 

    はい   いいえ

基本方針

対象となる個人情報とは、提供していただく、お客様の氏名、住所、メールアドレス、電話/FAX番号、性別、生年月日、職業、趣味など、お客様個人を特定することのできる情報です。

個人情報の利用について

お客様の個人情報は、下記の目的に限り利用いたします。
1.資料請求や問い合わせ、当学会サービスへの申込みに対する回答、確認連絡
2.研修等での参加者名簿作成・配布
3.新規講習案内等の送付
4.試験情報の提供
5.上記項目に付随する調査業務(アンケート等)
利用及び提供の制限について
お客様の個人情報をお客様の同意なしに第三者に提供することはありません。(「個人情報の保護に関する法律」第23条に定められた場合を除く。)ただし利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取り扱いの全部又は一部を委託する場合があります。この場合、当該個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

安全管理の措置について

個人情報の漏えい、改ざん及び滅失の防止、不正アクセス等の恐れを十分に考慮し、個人情報の適切な管理のために必要な措置を講じます。

ご自身の個人情報の開示、訂正について

お客様がご自身の個人情報の開示、並びに訂正・削除を希望される場合は、直接かまたはお電話でご連絡ください。(なお、開示、訂正等に当っては、ご本人を確認する証明書などが必要となりますので、予めご了承下さい。

本個人情報保護方針の変更

当学会は、お客様がこのプライバシーポリシーに同意していただいたものとしてお客様へ提供されます。法令等の変更に伴い、個人情報の取り扱いにつきましては、上記項目の内容を継続的に見直し、改善することがあります。改定されましたポリシーはこちらのページ上の掲示をもって有効となりますので、こちらのページで最新情報をお確かめください。

TOPへ戻る
電話でお問い合わせ